地震や災害に強い家。最後の要は設計&施工力? – 注文住宅・分譲住宅ならヴェル・ハウジング
メイン画像 メイン画像

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 地震や災害に強い家。最後の要は設計&施工力?

地震や災害に強い家。最後の要は設計&施工力?

こんにちは、ヴェル・ハウジングです。

今回は住まいの安全について、お話をさせていただきます。

地震大国であり、台風の通り道である日本において、永遠のテーマとも言える建物の耐震性や耐久性の問題

耐震性能や免震性能、制震性能を高める装置やパーツが日々開発され、家選びのひとつの基準にもなっていますね。

ところが、せっかくコストをかけて装置やパーツを採用しても設計や施工によっては、性能を発揮できない場合があるのです。

設計時にきちんと計算せず、見当違いな場所に取り付けてしまうと耐震性能が台無しになることも。

また、強度が高いとされている最新の接合金具を使用していたのに、施工が甘いため災害に耐えられなかったというような例も報告されているようです。

ちょっと、怖い話ですよね。

 

だからこそヴェル・ハウジングでは、全国で起こった設計・施工トラブルや、被災地での倒壊事例などの情報収集に力を入れています。

ビルダーフォーラムなどでの勉強会や業界紙、同業者との積極的な情報交換を通して、最新の知識を入手し、設計力、施工力のブラッシュアップに努めてきました。

仕入れた知識を社内で周知させるのはもちろん、施工を担っている協力各社に情報共有することも欠かせません。

 

どんなに技術が進歩しても、もしものときに大切なご家族や家財を守れるかどうかは、人の手にかかっている部分が大きい

そう念頭に置いて、これからも常に学び続けます。