品質検査 | 注文住宅・分譲地ならヴェル・ハウジング
HOME > 品質検査
メイン画像
メイン画像

品質検査

自社と第三者機関による
品質検査を実施

当社ではお客様の住宅は、
第三者機関と共同の元
国内最高レベルでの建物現場検査を
実施しております。
施工管理技師による現場の施工・安全管理も徹底しています。
高いクオリティにて住宅検査を行い、
万全の品質にて安心とお住まいを
お客様へお届けいたします。

お客様の大切な住まいを、現場の大工や職人が、
確かな技術と責任を持って施工します。
当社+第三者機関の二重の検査で
安全性・品質を守ります。

ハイレベルな品質を支える
「パートナー会」

ヴェル・ハウジングでは当社と約100社の取引業者からなる
「パートナー会」を結成することで、
施工現場の管理を組織的に行っています。
2カ月に1度「勉強会」を実施し、
情報共有や意見交換を実施。
施工技術や知識のブラッシュアップを図ると共に、
ヒューマンエラーの防止に努めています。
また現場監督の指導の元、
現場マナーや“きれいな現場”を徹底。
現場環境づくりの段階から、
品質向上に力を注いでいます。

基礎配筋検査

構造体を支えると同時に、
建築物にかかった荷重を地盤へ均等に伝える役目を担う基礎は、
圧縮に強いコンクリートと、
引っ張りに強い鉄筋を組み合わせて施工されます。
基礎配筋検査では、鉄骨を組む配筋の工程が
図面通りに施行されているか厳しくチェック。
コンクリートを流し込んだ後では
確認できない鉄筋の太さや数量に加え、
かぶり厚さ(鉄筋の参加による錆を防ぐために必要な鉄筋周りのコンクリートの厚み)や
継手の長さについても
所定の条件が守られているか確認します。

構造躯体検査

当社の住宅は阪神淡路大震災や
東日本大震災のような大震災を想定し、
躯体を面で支える構造と、
建物の重量を支えるベタ基礎工法を採用しています。
しかし優れた工法や部材を採用しいていても、
図面通り施工されていなければ
その効果を発揮できません。
検査では、地震や暴風などによる
荷重や外圧に耐える「耐力壁」の質や量が
十分に確保され、
バランスよく配置されているか、
接合部の金具の詳細な検討も含めてチェック。
また基礎のコンクリートに不備や亀裂が発生していないか、
土台が強固に固定されているかも確認します。

防水検査

外壁などから浸水しないように
防水施工ができているか、
防水シートなどの施工具合をチェックする検査です。
壁内への浸水による木材の腐朽やカビは
木造住宅の耐久性を縮めると共に、
住まう人に健康被害を
もたらす大きな要因ともなります。
また、住宅瑕疵保険の保険事故も、
約9割が防水関連の事故。
雨水などの侵入経路は特定が難しく、
侵入箇所を防いでも別の経路で発生することが多々あります。
リスクを減らすためには、
建築段階での確実な施工・検査が欠かせません。