床暖房を選ぶなら温水式?電気式?エアコン連動型床暖房なら年中使えて省エネ! | 注文住宅・分譲地ならヴェル・ハウジング
メイン画像 メイン画像

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 床暖房を選ぶなら温水式?電気式?エアコン連動型床暖房なら年中使えて省エネ!

床暖房を選ぶなら温水式?電気式?エアコン連動型床暖房なら年中使えて省エネ!

毎年、この時期になると増えてくる床暖房に関するお問い合わせ。
床暖房を付けたいけれど費用面が心配、あるいはいろいろなタイプがあってどれを選べばいいのか分からないといったお悩みが多いようです。
 

まず、床暖房のタイプは大きく2つに分けられます

 ①電気ヒーター式

床下に発熱パネルがあり、電気を通すことで床をあたためる仕組みです。電熱線を使う単純な仕組みのため、設置費用は比較的安価ですが、光熱費が高くつき、ランニングコストの面で不利。最近では電気代を抑える蓄熱式もありますが、設置スペースが別に必要です。

②温水循環式

床暖房パネルにお湯を循環させることで、床をあたためる仕組みです。
熱源は電気(エコキュートやヒートポンプ)、ガス(エコウィルや温水暖房付き給湯器)などがあります。
いずれも電気ヒーター式に比べて初期費用はかかりますが、電気代が安く、なおかつメンテナンス費用もほぼかからないため、ランニングコストが安価。長い目で見るとお得です。
ガス燃料のものなら、GAS得プラン(大阪ガス)などを活用して、光熱費を下げることが可能。また、少ない電力で空気をあたためるため省エネなヒートポンプタイプは、エアコン連動型床の温水暖房を導入することで、よりお得度が増します。

  • エアコン連動型の温水床暖房は…

冬は床暖房とエアコン(暖房)、夏はエアコン(冷房)を活用することにより、ひとつのシステムでオールシーズン室内の温度調節ができ、とても効率的。そもそも、ほとんどのお宅はリビングにエアコンを付けるので、どうせなら一体型にして年間光熱費を抑えた方が賢い選択ですよね。
とりわけヴェルの家はオール電化なので、はぴeタイムなどを上手に利用すれば、よりお得にあったかライフを過ごせます。

  • 床暖房を付けるならリフォームより断然、新築時!

床暖房を付けるかどうかで迷っておられるなら、生活スタイルや住まいの立地に合わせてじっくりご検討いただくのがいいでしょう。ただし「新築時は出費がかさむから、いずれリフォームで…」と考えているなら、新築時に採用しておく方がベター。後から床を剥がして床暖房設置となると、余分な費用がかかってしまいますよ。

 

ヒートポンプ式のエアコン連動型床暖房の体感をご希望なら
下記モデルハウスで!

上野田5丁目2号地

飾磨区都倉1号地

上大野3期22号地

中筋1丁目1号地

ガス温水床暖房の体感をご希望なら
下記モデルハウスで

長砂10期2号

上野田2期4号地