旗竿地や変形地を魅力に変えるデザイン力!ヴェルの設計士にお任せください – 注文住宅・分譲住宅ならヴェル・ハウジング
メイン画像 メイン画像

スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 旗竿地や変形地を魅力に変えるデザイン力!ヴェルの設計士にお任せください

旗竿地や変形地を魅力に変えるデザイン力!ヴェルの設計士にお任せください

こんにちは、ヴェル・ハウジングです!

 

旗竿地変形地と聞けば、建物面積を広く取りづらい、建物の形状やデザインが限られるなど、マイナスイメージを持ちがち。

でも特異な形状を逆手に取り、他にはない、暮らす楽しさを実感できる住まいを建てることもできるんですよ。

今回は、ヴェルのモデルハウスの中から、設計力で旗竿・変形の敷地形状をメリットに変えた例をご紹介します。

 

——————————————-

■旗竿地活用例■

プライベートテラスがある愛車と暮らす家

「飯田6号地モデルハウス」

——————————————-

こちらのモデルハウスは、旗竿部分を駐車スペース兼アプローチにすることで、敷地奥に独立したプライベートテラスを創出しています。

また土間収納があるゆったりとした玄関には大きなガラス窓をはめ込み、開放感を演出。

明るい玄関内から愛車やバイクを眺め、窓外の景色を楽しむことができるようになっています。

周囲からの視線を気にせず玄関を大開口にしたり、テラススペースでくつろいだりできるのは、建物が通りに直接面していない旗竿地ならではですね!

トヨタの最新車両とコラボしたモデルハウスで、「家」そのものだけではなく、「庭」にこだわって家族と暮らす、「家庭を楽しむ家づくり」を体感してください。

 

↓↓↓トヨタの最新車両とコラボしたモデルハウス詳細はこちら

https://bho.jp/modelhouse/%E9%A3%AF%E7%94%B0-copy/

 

——————————————-

■変形地活用例■

デザインで遊ぶスタイルがいい家

「大久保福田モデルハウス」

——————————————–

 

三角形の土地に合わせ、真四角ではないカーブや凹凸のあるデザインを取り入れたことで、外観にオリジナリティが生まれました。

2台分の駐車スペースの奥に玄関を配置しています。

 

住空間もかなり個性的!

土地形状を活かし、LDKはキッチンを起点にリビングスペースとダイニングスペースがセパレートになった振り分け間取りを採用。

 

キッチン脇の勝手口から駐車スペースへ直接出られるなど、動線も良好です。

こちらのモデルハウスは、玄関ホールとLDKの間に設けたレトロな室内窓や、2階廊下のファミリークローゼットなど、インテリアコーディネートや収納も見どころいっぱいなので、ぜひお越しくださいね。

 

 

↓↓↓モデルハウス詳細はこちら

https://bho.jp/modelhouse/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E7%94%BA%E7%A6%8F%E7%94%B0/?fid=58661