HOME > スタッフブログ > 【ヴェルパートナーはこんな人 vol.5 前編】 スーパープロフェッショナル大工★山樹建設 山村大樹さん

Belle Housing BLOG

【ヴェルパートナーはこんな人 vol.5 前編】 スーパープロフェッショナル大工★山樹建設 山村大樹さん

ヴェルパートナー会に所属してくださっている、業者さんや職人さんをご紹介する【ヴェルパートナーはこんな人】!

今回ご登場いただく山村さんは、パートナー会(業者会)での質問や建設的な意見にヴェル社員も思わずドキリ?ハイレベルな職人さん集団の中でも、ひときわプロ意識が高い大工さんです。

山樹建設 山村大樹さん(前編)
————————————————–

ヴェル:
職人さんを志したきっかけはなんですか?

山村さん:
父親も大工で、中学生の時にはもう、現場を見せてもらったりしていたんです。
今考えてみれば、その頃から何となく『将来は自分もこの業界に入るのかな』と思っていたかもしれません。
職人になってからは、父の弟子だった叔父のところで3年修行をして、その後で家業を継ぎました。

ヴェル:
ヴェルでお付き合いいただいて10年以上ですが、当社の社員はどんな印象ですか?

山村さん:
段取りよく仕事ができるよう工程を考えてくれたり、融通をきかせてくれたりして、仕事がやりやすいですね。若い監督さんが多いんですが、尊敬しています。
こちらから意見を出せる雰囲気があり、現場の声が上に届きやすいので、何か相談した時の対応も早いですね。

ヴェル:
例えばどんな意見を出されましたか?

山村さん:
現場で使う材料について、これはどうだろうとか、こうしたら作業効率がいいのではとか…。
要望や意見が採用されるときもあれば、されないときもありますが、ざっくばらんに話し合えるのがいいです。

ヴェル:
ヴェルの現場の雰囲気はどうですか?

山村さん:
休憩時間などは冗談を言い合ったりして、職人同士の雰囲気がいいです。趣味でハーレーに乗るんですが、職人同士でツーリングに行くことも。
お客さまとの関係も良好で、よく建築途中の様子を見に来られる方が多いですよ。今の現場も、3時になると施主さまのお母さんが毎日コーヒーを持って来てくれたりします。

—————————————–

次回後編へ続きます。どうぞお楽しみに♪

ページトップ